アメリカン・ピノークルの概要

カードを1枚ずつ出し合って、カードを集めていきます。そして、カードを集めて役を作っていき、役の合計得点が多い方が勝ちとなります。

アメリカン・ピノークルのルール

※「A」「K」「Q」「J」「10」「9」のみの2組のトランプカード(合計48枚)を使用します。
※2人用のゲームです。

POINT0

ゲームを始める前に

アメリカンピノークルのルール

POINT1

カードを12枚ずつ配る

アメリカンピノークルのルール

カードをよくシャッフルした後、各プレイヤーに12枚ずつ配ります。
残りのカードは山札として裏向きに置き、1番上のカードをめくってそのカードと同じマークを切り札とする。

POINT2

役ができていたら公開する

アメリカンピノークルのルール

自分の手札を見て、役ができていたら自分の前に公開します。
これで準備完了なので、次からゲームがスタートします。

Sponsored Links
POINT3

カードを同時に1枚出す

アメリカンピノークルのルール

手札から1枚カードを同時に出し、出したカードの強さを比較します。
比較のしかたは以下の通りです。(カードの強さはPOINT0を参照)


・出された2枚のカードが同じマークだった場合
⇒カードの強さを比較して、強いカードを出した人が出した2枚のカードを獲得する。同じ強さだった場合は引き分けとなり、出したカードを流す。


・出された2枚のカードが異なるマークだった場合
⇒基本的には強さを比較せずに、出したカードを流します。ただし、「スペードのA」か「切り札」が出された場合は、強さを比較して勝った方が出された2枚のカードを獲得する。


なお、獲得したカードは自分の前に置いておく。

POINT4

役が作れれば公開する

獲得したカードと手札を見比べて、役を作ることができれば、その役を自分の前に出して公開する。

Sponsored Links
POINT5

カードを補充する

勝った人から順に山札からカードを1枚手札に加えます。(山札がなくなったら補充はなし)
そして再びカードを手札から1枚ずつ出して勝負します。

POINT6

勝敗の決め方

上記のようにゲームを進めていき、山札も手札もなくなったらゲーム終了となります。
ゲームが終了したら、それぞれ作った役の得点を合計し、合計得点が多い方が勝ちとなります。

こんな人にオススメ
・2人でじっくり遊びたい人
Sponsored Links

アメリカン・ピークルのいろいろなルール

アメリカン・ピークルのいろいろなルールを紹介します。
(オリジナルのルールを含む場合もあります。)

「役替えあり」ルール
すでに公開された自分の役のカードを使って、新たな役を作れるルール。

Sponsored Links