キャンフィールド(デーモン)の概要

クロンダイクと似たようなトランプゲーム。クロンダイクよりも列が少なくなっている。

キャンフィールドのルール

※ジョーカーを除く52枚を使用する。

ゲーム開始準備

キャンフィールド_01

・カードをよくシャッフルした後、13枚のカードを予備札として置き、1番上にあるカードを表向きにする。
・カード1枚を組札として表向きに置く。
・カード4枚を場札として表向きに置く。
・残りのカードは山札として裏向きに置く。

ゲームの目的

キャンフィールドは場札と山札を動かして、最初の組札と同じマークで数上がりの列を作っていくことが目的となる。
(例えば、最初の組札が「10」だった場合、同じマークのカードを「J」→「Q」→「K」→「A」…というように重ねていく。)
残りの組札置き場には最初に置いた組札と同じ数字の異なるマークから始まる。
(例えば、最初に置いた組札が「ダイヤの10」だった場合は、他の組札置き場には「スペードの10」「ハートの10」「クラブの10」からのスタートとなる。)
※以降カードの動かし方を説明する。

場札を赤黒交互に数下がりの列になるように動かすことができる

キャンフィールド_02

場札を他の場札に赤黒交互に数下がりの列になるように動かすことができる。

予備札の1番上のカードを場札に移動させることもできる。

   キャンフィールド_03

予備札を場札に移動させた場合は、その次のカードを表向きにして同様に場札に動かせるようになる。
場札に空きができたときには予備札からカードを移す。

カードを動かせなくなったら山札から3枚ずつカードをひく

キャンフィールド_04

動かせるカードがなくなったら、山札から3枚ずつカードをひき、1番上のカードを使用することができる。

勝敗の決め方

   

上記のようにゲームを進めていき、各々のマークの組札を完成させたら勝ち。
途中で行き詰まったら負けとなる。

こんな人にオススメ
・ひとりで黙々と遊びたい人
・運試しをしたい人

キャンフィールドのいろいろなルール

キャンフィールドのいろいろなルールを紹介します。
(オリジナルのルールを含む場合もあります。)

「山札復活」ルール
山札を全てめくってしまっても、そのまま裏返しにしてまた1から山札を使えるようになるルール。難易度が易しくなるので初心者にオススメ。