神経衰弱の概要

トランプカードを裏向きに重ならないように配置し、2枚ずつめくる。めくったカードが同じ数字なら1組として取り、再び2枚めくることができる。異なる数字だった場合は再び裏向きにして、順番が他のプレイヤーに移る。

神経衰弱のルール

※ジョーカー除く52枚

POINT1

カードを裏向きに並べる

神経衰弱のルール

カードをよくシャッフルした後、重ならないように裏向きにすべて配置する。

POINT2

カードを2枚めくる

神経衰弱のルール

順番にカードを2枚めくっていく。



POINT3

同じ数字のペアなら取る

神経衰弱のルール

めくったカードが同じ数字なら取ることができ、再び2枚めくることができる。(同じ数字のペアがでれば何度でもめくることができる。)

POINT4

異なる数字なら元に戻す

神経衰弱のルール

めくったカードが異なる数字なら、裏向きにして元に戻し、順番が次のプレイヤーに移る。



POINT5

勝敗の決め方

上記のようにゲームを進めていき、並べたカードがなくなったらゲーム終了となる。
各々のプレイヤーは自分がとったカードの枚数を数え、1番多くカードを取った人順に勝ちとなる。

こんな人にオススメ
・みんなでトランプゲームを遊びたい人
・記憶力を試したい人

神経衰弱のいろいろなルール

神経衰弱のいろいろなルールを紹介します。
(オリジナルのルールを含む場合もあります。)

「カード移動あり」ルール
異なるカードを引いてしまった時に、元の位置にに戻さずに他の場所に移動させることができるルール。カードの場所が移動するので、難易度が高くなる。