フォアジャックスの概要

手札からカードを1枚出して、一番弱いカードを出した人がすべて引き取る。引き取ったカードの中に「J」が入っていたら減点されるゲーム。

フォアジャックスのルール

※4人の場合⇒「2」~「6」を除いた32枚を使用
※5、6人の場合⇒「2」~「6」と「7」を2枚除いた30枚を使用

POINT0

カードの強さ

フォアジャックスのルール

POINT1

カードを均等に配る

フォアジャックスのルール

カードをよくシャッフルした後、プライヤーに均等に配りそれぞれの手札とする。

POINT2

カードを1枚ずつ出す

フォアジャックスのルール

誰から始めるかを決めて、1枚ずつ時計回りに順番にカードを1枚出していく。

このとき、最初に出した人のカードが台札となり、基本的には台札と同じマークのカードを他のプレイヤーは出す。

なお、台札と同じカードがなければ、他のマークのカードを出す。

POINT3

カードを強さを比べる

フォアジャックスのルール

全員が出し終わったら、カードの強さを比べて1番弱いカードを出した人と1番強いカードを出した人を確認します。
このとき、全員が出したカードの条件により、強さの比較のしかたが変わります。

・全員が台札と同じマークのカードを出した場合
⇒全員が出したカードの中で1番弱いカードを出した人が、出されたカードを全部引き取る。

・台札と異なるマークのカードを出した人がいる場合
⇒台札と異なるマークを出した人の中で、1番弱いカードを出した人が、出されたカードを全部引き取る。

(カードを引き取る時、「J」が含まれていた場合は、別に置いておくと良いです。)

POINT4

1番強いカードを出した人が次に最初に出す

フォアジャックスのルール

1番強いカードを出した人が、次にカードを最初に出して台札とします。

POINT5

勝敗の決め方

上記のようにゲームを進めていき、手札がなくなったらいったんゲーム終了です。

このとき、「J」を引き取った数を確認し、「J」1枚につきマイナス1点にして、各々のプレイヤーの点数を出します。

そしてゲームを繰り返し、先にマイナス10点になってしまった人が負けとなります。

こんな人にオススメ
・みんなでワイワイ楽しみたい人

フォアジャックスのいろいろなルール

フォアジャックスのいろいろなルールを紹介します。
(オリジナルのルールを含む場合もあります。)

「Jを4枚揃えたらプラス4点」ルール
「J」を4枚すべてそろえた場合はプラス4点が加算されるというルール。劣勢でも逆転できる場合があるので盛り上がる。

「引き取った数が多い人マイナス1点」ルール
引き取ったカードの数が1番多かった人もマイナス1点になってしまうルール。