ゲスイットの概要

ゲスイット(トランプゲーム)

相手の手札について質問していきながら、中央に伏せたカードの数字を言い当てるゲーム。自分が持っているカードを質問して相手を混乱させることができるので、心理戦を楽しむことができる。

ゲスイットのルール

POINT1

カードを6枚ずつ配る



ゲスイットのルール_01
1種類のマークの13枚のカードをよくシャッフルし、6枚ずつ各プレイヤーに配りこれを各々の手札とする。
(自分の手札は自分のみ見ることができる。)

残りの1枚を中央に裏向きに置く。

POINT2

順番に質問して質問された方は正直に答える



ゲスイットのルール_02
順番に相手がある数字のカードを持っているか1つだけ質問することができる。

質問されて方は正直に答えなければならない。
(例:「〇番のカードを持っていますか?」→「はい」or「いいえ」)

このとき、わざと自分が持っているカードを質問することもできる。



POINT3

中央のカードの数字が分かれば宣言する



ゲスイットのルール_03
POINT3のように順番に質問していき、中央に置いたカードの数字が分かれば、その数字を宣言する。

POINT4

勝敗の決め方



ゲスイットのルール_04
中央に置いたカードをめくり、宣言した数字と同じなら宣言した人の勝ち。
数字が異なっていれば、宣言された人の勝ち。

こんな人にオススメ
・2人で対戦したい人
・心理戦を楽しみたい人
・じっくり遊びたい人





ゲスイットのいろいろなルール

ゲスイットのいろいろなルールを紹介します。
(オリジナルのルールを含む場合もあります。)

「質問制限」ルール
一度質問した数字(相手が質問した数字も含む)はもう一度質問することができないルール。数字を当てるのが難しくなる。

「嘘あり」ルール
1度のみ質問された時に嘘をついていいルール。心理戦を楽しみたい方にオススメ。



まとめ

今回はトランプゲームのゲスイットのルールや遊び方を紹介しました。

ゲスイットは心理戦が楽しい2人でできるトランプゲームです。

ルールも単純でふたりでゆったりと遊びたい時に最適なので是非やってみてください。


楽しめた方におすすめトランプゲーム