クロンダイクの概要

クロンダイク

階段状に並んだ7列のカードをルールに従って動かし、組札を作っていくトランプゲーム。赤と黒を交互に数字が連続するように、カードを動かしていく。

クロンダイクのルール

POINT1

カードを並べる

クロンダイクのルール_01
カードをよくシャッフルした後、図のように左から1枚、2枚、・・・7枚というように、7列並べる。
このとき、各列の1番下のカードのみ表向きにし、それ以外は裏向きに置く。
残りのカードは山札として置いておく。

POINT2

色違いで数字が連続するカードを重ねていく

クロンダイクのルール_02
表向きになっているカードの中で、色違いで数字が連続するカードがあれば、小さい数字のカードを大きい数字のカードの列に重ねる。
表向きにになったカードがなくなった列は、1番下のカードをめくることができる。
「K」は表向きになったカードがない列に移動することもできる。
(以降、このルールに従って、カードを移動させていく)



POINT3

列ごとまたは列の途中から移動も可能(PINT2の補足)

クロンダイクのルール_03
表向きになっているカードが複数枚ある列は、列ごとまたは列の途中からも移動させることが可能になる。

POINT4

「A」が出たら取って組札とする

クロンダイクのルール_04
「A」が出た場合は取って、マークごとに上の方において置き、これを組札としていく。
以降はマークごとに連続するカードが出れば、組札として重ねていくことができる。

POINT5

移動可能なカードがない場合は山札をめくる

クロンダイクのルール_05
移動させられるカードがない場合は、山札からカードをめくって重ねる。
めくるカードはあらかじめ設定しておく。(1~3枚とすることが多い)
山札からめくった1番上のカードは、場札と同様に使用することができる。
山札をめくっても移動させられるカードがない場合は、もう一度山札をめくる。

POINT6

勝敗の決め方

クロンダイクのルール_06
上記のように、ゲームを進めていき、すべての組札を「A」から「K」まで揃えられたら勝ち。
山札がなくなり、カードを移動させることができなくなったら負け。

こんな人にオススメ
・ひとりで遊びたい人
・頭を使いたい人
・じっくり遊びたい人





クロンダイクのいろいろなルール

以下に、クロンダイクのいろいろなルールを紹介します。
(オリジナルのルールを含む場合があります。)

「対戦式」ルール
カードを赤と黒に分けて、2人プレイヤー同時にプレイする。先にあがった人が勝ち。
どちらもあがれなかった場合は、組札の合計枚数が多い方が勝ち。
(カードの枚数が少なくなるので、最初に配置する列を少なくする。)

「難易度易」ルール
引いた山札は上から3枚まで使ってよいというルール。難易度が易しくなるため、初心者にオススメ。



まとめ

今回はトランプゲームのクロンダイクのルールや遊び方を紹介しました。

クロンダイクのルールは少し複雑ですが、1度覚えてしまえば楽しくひとりで遊べるトランプゲームです。

成功させるのが難しいと感じる人は、オリジナルのルールを追加してみると良いかもしれません。


楽しめた方におすすめトランプゲーム