ページワンの概要

親が最初に手札からカードを1枚出して台札とし、他のプレイヤーは親が出したカードと同じマークのカードを出す。なお、手札に同じマークのカードがない場合は山札から同じマークが出るまで引いて出す。出したカードの中で1番強いカードを出した人がその回の勝者となる。勝者となった人が次に台札を出すことができる。最終的に手札を全て無くした人が勝ち。

ページワンのルール

※ジョーカー1枚を含む53枚を使用する。

POINT1

カードの強さ

ページワンのルール
カードの強さは上記のようになる。いづれのマークも同様。

POINT1

カードを4枚配る

ページワンのルール

カードをよくシャッフルした後、プレイヤー全員にカードを4枚配り各々の手札とする。

POINT2

親が台札を出す

ページワンのルール

最初の親を決めた後、親がカードを手札から1枚出し、そのカードを台札とする。

POINT3

親と同じマークのカードを出す

ページワンのルール

親以外のプレイヤーは手札から台札と同じマークのカードを1枚出す。

POINT4

台札と同じマークがない場合は山札から取る

ページワンのルール

台札と同じマークのカードがない場合は、山札からカードを引き手札とする。
なお、このとき台札と同じマークのカードが出るまで引き、台札と同じマークのカードでたら出す。

POINT5

カードの強さを比較する

全員カードを出したら、カードの強さを比較する。(POINT0を参照)1番強いカードを出した人がその回の勝ちとなり親となる。
そして、再び親が台札を出してPOINT2~POINT5を繰り返す。

POINT6

残り2枚と1枚を出す時は宣言する

残り2枚目を出す時には「ページワン」と宣言しなければならない。
また、最後の1枚をだす時には「ストップ」と宣言しなければならない。
このとき、宣言を忘れて指摘された場合は、ペナルティーとして山札から5枚手札に加えなければならない。

POINT7

勝敗の決め方

上記のようにゲームを繰り返していき、先に手札をすべて無くした人の勝ちとなる。

こんな人にオススメ
・みんなで遊びたい人
・運要素のあるトランプゲームをしたい人

ページワンのいろいろなルール

ページワンのいろいろなルールを紹介します。
(オリジナルのルールを含む場合もあります。)

 「ジョーカー2枚」ルール
ジョーカーを2枚に増やすルール。

「即アウト」ルール
「ページワン」や「ストップ」の宣言を忘れて指摘去れた場合は即アウトとなり負けとなるルール。