ロイヤルマリッジ(王様の結婚)の概要(トランプゲーム)

ロイヤルマリッジ(トランプゲーム)

カードを並べていき、同じマークまたは同じ数のカードに挟まれた2枚以下のカードを取っていくトランプゲーム。最終的に最初と最後に並べたハートの「Q」と「K」が隣に並べば勝ちとなる。

ロイヤルマリッジ(王様の結婚)のルール

※ジョーカーを除く52枚を使用

POINT1

カードをシャッフルする

ロイヤルマリッジのルール_01
ハートの「K」とハートの「Q」を取って、それ以外をよくシャッフルした後、山札にする。
シャッフルした後、ハートの「K」を山札の1番下、ハートの「Q」を1番上に入れる。

POINT2

カードを左から右に並べる

ロイヤルマリッジのルール_02
山札からカード取り、左から右に並べていく。

POINT3
ロイヤルマリッジのルール_03

同じマークまたは同じ数のカードに挟まれたカードを取る

並べたカードの中で、同じマークまたは同じ数のカードのペアに挟まれたカードがあればとれる。
なお、取り除くことができるのは2枚以内の場合のみである。



POINT4

カードを取ったら詰めて山札から並べるする

ロイヤルマリッジのルール_04
POINT3のようにカードを取ったら、スペースを詰めて山札からカードを追加して並べる。

POINT5

勝敗の決め方

ロイヤルマリッジのルール_05
上記のようにゲームを進めていき、最終的にハートの「Q」とハートの「K」が隣り合わせになれば勝ち。
ゲームの途中でカードを取ることができなくなったら負けとなる。

こんな人にオススメ
・ひとりで遊びたい人
・運試しをしたい人





ロイヤルマリッジ(王様の結婚)のいろいろなルール

ロイヤルマリッジのいろいろなルールを紹介します。
(オリジナルのルールを含む場合もあります。)

「対戦式」ルール
カードを赤と黒に分けて2人で対戦するルール。(ハートの代わりになる「Q」と「K」を決めておく。)
先にゲームが上がるかどちらもあがれなかった場合は、取れたカードの数が多い方が勝ちとなる。



まとめ

今回はトランプゲームのロイヤルマリッジのルールや遊び方を紹介しました。

ロイヤルマリッジは王様の結婚という名前でも知られているトランプゲームです。

簡単にひとりで遊べるトランプゲームの一つなので是非挑戦してみましょう。


楽しめた方におすすめトランプゲーム