スコパの概要

ルールに従って手札と場札を取っていく。取得したカードによって点数が加算され、11点を先取した方が勝ちとなるゲーム。

※注意:公式のルールとは異なっている場合があります。

スコパのルール

※「8」「9」「10」のカードとジョーカーを除いた40枚を使用する。

POINT1

ゲームの準備
スコパ_01

カードをよくシャッフルした後、各プレイヤーに4枚ずつ配り、それぞれの手札とする。
(手札は各プレイヤーの前に表向きに配置する。)

場に4枚のカードを表向きに配置し、残りのカードを山札とする。
以降、以下の手順で順番に場札を取っていく。

POINT2


手札と同じ数のカードが場札にあれば手札と合わせて取れる
スコパ_02

自分の手札にあるカードと同じ数のカードが場札にあれば、手札と合わせて取ることができる。
取った後は山札から1枚手札に補充する。

Sponsored Links
POINT3


手札と2枚以上の合計が同じになるカードが場札にあれば手札を合わせて取れる
スコパ_03

自分の手札の中に、2枚以上の場札の数の合計が一致するものがあれば、それらと手札を合わせて取ることができる。

ただし、POINT2のように場札を1枚でとれる場合は、POINT2を優先しなけらばならない。
取った後は山札から1枚手札に補充する。

POINT4

取れるカードがなければ手札を1枚捨てて場札にする
スコパ_04

POINT2またはPOINT3のように場札を取ることができなければ、手札を1枚捨てて場札にする。

手札を出した後は山札から1枚手札に補充する。

POINT5

勝敗の決め方

上記のようにゲームを進めていき、山札と場札がなくなったらゲーム終了。

以下のように、得点を加算していき、先に11点取った方が勝ちとなる。
(11点以上になるまでゲームを繰り返す。)


【得点】
・取ったカードが多い方 +1点
・ダイヤのカードをより多く取った方 +1点
・ダイヤの「7」を取った方 +1点
・同じ数字のカードを4枚そろえたら1組につき +1点

こんな人にオススメ
・2人でじっくり遊びたい人
Sponsored Links

スコパのいろいろなルール

スコパのいろいろなルールを紹介します。
(オリジナルのルールを含む場合もあります。)

「10以下縛り」ルール
カードに点数(注意:勝敗を決めるときの点数ではない)を与えて、場札を2枚以上で取る場合は、合計が「10点以下」でないと取れないルール。
カードの点数は以下の通り。
「A」:1点、「J」:8点、「Q」:9点、「K」:10点

「手札がなくなってから補充」ルール
手札がすべてなくなってから山札から補充するルール。



Sponsored Links