七並べの概要

七並べ(トランプゲーム)

最初に「7」のカードを並べておいて、並べられたカードと数が連続するカードを順番に手札から出していくルール。はやく手札をなくした人が勝ち。

七並べのルール

※ジョーカーを除く52枚を使う。

POINT1

カードを均等に配る

七並べのルール_01
カードをよくシャッフルし、プレイヤー全員に均等に配りそれぞれの手札とする。

POINT2

手札を確認して「7」があったら出す

七並べのルール_02
各プレイヤーは各々の手札を確認し、「7」のカードがあったら場に出して縦に並べる。

POINT3

数が連続する同じマークのカードを手札から出す

七並べのルール_03
順番に場に出ているカードと数が連続する同じマークのカードを手札から出して隣に並べていく。

POINT4

出せるカードがない場合はパスをする

七並べのルール_04
出せるカードが手札にない場合はパスをする。
なお、パスは3回までで、4回パスになると負けになる。

POINT5

勝敗の決め方

七並べのルール_05
上記のようにゲームを進めていき、先に手札がなくなった人から勝ちになる。

こんな人にオススメ
・みんなでゆっくり遊びたい人
・簡単なトランプゲームをしたい人



七並べのいろいろなルール

以下に七並べのいろいろなルールを紹介します。
(オリジナルのルールを含む場合もあります。)

「ジョーカーあり」ルール
ジョーカーを含めた54枚でゲームを始める。ジョーカーはどのカードの隣にも置くことができる。ジョーカーが置かれ場合、その位置に並べるカードを持っている人は自分の番になったらそのカードを出さなければならない。

「ループ」ルール
「A」が出されたら「K」、「K」が出されたら「A」を並べてよいというルール。