スピードの概要

スピード(トランプゲーム)

赤と黒のカードに分け、それぞれ各プレイヤーの手札とする。掛け声とともに、手札から1枚ずつ台札として出し、台札と数字が連続する場札を重ねていくゲーム。手札と場札が先になくなった方が勝ちとなる。

スピードのルール

POINT1

カードを赤と黒に分けて手札とする

スピードのルール_01
カードを赤と黒に分けて、各プレイヤーの手札とする。
それぞれよくシャッフルし、手札として裏向きに重ねて置く。

POINT2

手札から4枚のカードをめくって並べる。

スピードのルール_02
各プレイヤーは手札の上から4枚カードをめくり、場札として表向きに並べる。



POINT3

掛け声とともに手札から1枚出す

スピードのルール_03
「いっせーのーせ!」などの掛け声とともに、各プレイヤーは自分の手札の1番上からカードを出す。
この出したカードが台札となる。

POINT4

台札と数字が連続する場札を重ねる

スピードのルール_04
POINT3で出した台札と数字が連続するカードが自分の場札にあれば、素早く重ねる。
このとき、自分と相手のどちらが出した台札に重ねても良い。

POINT5

空いた場所には手札から出して並べられる

スピードのルール_05
POINT4で場札を出した後、空いた場所に手札からカードを補充して並べることができる。
(出せる場札が複数ある場合は、手札からカードを補充する前に全て出すこともできる。)

POINT6

どちらも出せなくなったら手札から出す

スピードのルール_06
ゲームを進めていき、どちらも出せるカードがなくなったら、もう一度POINT3のように同時に手札から1枚出す。

POINT7

勝敗の決め方

スピードのルール_07
上記のようにゲームを進めていき、先に手札と場札がなくなったプレイヤーが勝ちとなる。

こんな人にオススメ
・2人で対戦したい人
・判断力が必要なゲームをしたい人
・ドキドキするゲームをしたい人





スピードのいろいろなルール

以下に、スピードのいろいろなルールを紹介します。
(オリジナルのルールを含む場合もあります。)

「同位札OK」ルール
台札と同じ数の場札も重ねることができる追加ルール。ゲームの展開がはやくなるので、慣れてきた人にオススメ。

「同位札重ねOK」ルール
場札に同じ数のカードがあった場合、1カ所に重ねて空いたところに手札からカードを置くことが可能になる追加ルール。リードが僅差の場合、逆転できる可能性が高くなるので、ゲームをより面白くしたい人にオススメ。



まとめ

今回はトランプゲームのスピードのルールや遊び方を紹介しました。

スピードは判断力と集中力が必要となる2人でできるトランプゲームです。

ゲームの展開が早いためふたりでも、トランプゲームで盛り上がること間違いなしです。


楽しめた方におすすめトランプゲーム