トランプゲームを3人で遊ぼうとするとき、以下のようなことを思ったことはありませんあk?

3人で遊ぶには人数が少なすぎる…
でも、2人用のトランプゲームだと1人ヒマになっちゃう…

トランプは3人だとちょっと中途半端な人数だと思うゲームがいくつかありますよね。

そこで、ここでは3人でも楽しく遊べるトランプゲームをいくつか紹介します。

戦争

戦争(トランプゲーム)

一言紹介
強いカードを出したら総取り!
ゲームの概要

  1. カードを均等に配り手札とする。
  2. 掛け声とともに全員が手札からカードを1枚同時に出す。
  3. カードの強さを比べる。
  4. 1番強いカードを出した人が出されたカードを総取りする。
  5. 手札がなくなったらゲーム終了。より多くのカードを取った順に勝ち。
コメント
同時に手札から1枚カードを出すというシンプルなゲームです。どんな数字が出るか自分も分からないため、運の要素も強いゲームです。手札を見ていいルールにすると心理戦が楽しめます。

ハート

ハート(トランプゲーム)

一言紹介
負けるが勝ち!?変わったトランプゲーム。
ゲームの概要

  1. カードを均等に配り手札とする。
  2. 親が最初に手札から1枚台札として出す。
  3. 親以外は台札と同じマークを出す。ないばあいは異なるカードを出してよい。
  4. カードの強さを比較する。
  5. 1番強いカードを出した人が出されたカードを取り、次の親となる。
  6. 手札がなくなったらゲーム終了。カードを1番多く取った人が負けとなる。
コメント
カードを1番多くとった人が負けとなってしまうという変わったゲームです。

ページワン

ページワン(トランプゲーム)

一言紹介
強いカードを出して手札をなくせ!
ゲームの概要

  1. カードを4枚ずつ配り手札とし残りを山札とする。
  2. 親が最初に手札から1枚台札として出す。
  3. 親以外は台札と同じマークのカードを出す。
  4. 台札と同じカードがない場合は、山札から同じマークのカードが出るまで手札に補充する。
  5. 全員カードを出したらカードの強さを比較する。
  6. 1番強いカードを出した人が次の親となる。
  7. 上記のようにゲームを繰り返していく。
  8. 残り2枚目を出す時には「ページワン」最後の1枚を出す時には「ストップ」と宣言する。
  9. 宣言を忘れた場合はペナルティーとして山札から5枚手札に加える。
  10. 先に手札をすべて無くした人が勝ち。
コメント
ルール自体は似たようなトランプゲームがたくさんありますが、残り枚数に応じて宣言しなけらばならないところが特徴的です。

ぶたのしっぽ

ぶたのしっぽ(トランプゲーム)

一言紹介
同じマークのカードを出しちゃダメ!
ゲームの概要

  1. カードを豚のしっぽのように裏向きに円状に配置する。
  2. 順番にカードを1枚めくり、円の中央に置く。
  3. 前のカードと同じマークのカードを出してしまった場合は、中央のカードをすべて引き取る。
  4. 上記のようにゲームを続ける。
  5. カードがなくなったらゲーム終了。1番多くのカードを取ってしまった人が負け。
コメント
豚のしっぽのように円状にカードを並べることが特徴的です。運要素が強いトランプゲームです。

一休さん

一休さん(トランプゲーム)

一言紹介
「1」「9」「3」が出たら全力て取りに行け!
ゲームの概要

  1. カードを裏向きに円状に並べる。
  2. 順番にカードを1枚引いて中央に置く。
  3. 「A」「9」「3」が出たら出した人以外がカードをタッチする。
  4. カードをタッチするのが1番早かった人が中央のカードをすべて引き取る。
  5. 間違えてタッチしてしまった場合は1回休み。
  6. 上記のようにゲームを続ける。
  7. カードがすべてなくなったらゲーム終了。多くカードを取った人順に勝ち。
コメント
判断力と反射神経が要求されるトランプゲームです。ドキドキしながらゲームをしたい人にオススメです。