戦争の概要

戦争(トランプゲーム)

手札からカードを1枚ずつ同時にだして、強さを競うトランプゲーム。勝った人は出されたカードを総取りでき、手札にできる。ゲーム終了時に手札を1番多く持っていた人順に勝ちになる。

戦争のルール

※ジョーカーを除く52枚を使用する。

POINT0

ゲームを始める前に

【カードの強さ】

戦争は一斉に手札から1枚かカードを出し、強さを競うトランプゲームです。
カードの強さは以下のようになります。(マークは関係なし)
戦争のルール_00

POINT1

カードを全員に均等に配る

戦争のルール_01
カードをよくシャッフルし、プレイヤー全員に均等に配る。
配られたカードは各々の手札として裏向きに重ねておく。
(自分の手札でも表は見ない。)

POINT2

掛け声とともに手札から1枚出す

戦争のルール_02
「戦争!」などの掛け声とともに、手札の1番上から1枚カードを表向きに出す。



POINT3

カードの強さを比べて勝った人が総取り

戦争のルール_00
出したカードの強さをPOINT0を参考に比べて、1番強いカードを出した人が出されたカードを総取りする。
取ったカードは手札がなくなった時に、よくシャッフルして新たな手札とする。
以降、これを誰かの手札がなくなるまで続ける。

POINT4

同じ強さのカードがでたら勝負がつくまで出す

戦争のルール_04
POINT3で同じ強さのカードが出た場合は、そのカードを出したプレイヤーたちだけで再度手札から1枚カードを出す。
(これを勝負がつくまで続ける。)

POINT5

勝敗の決め方

戦争のルール_05
上記のようにすすめていき、誰かの手札がなくなったらゲーム終了。
最終的に手札が多い順に順位が決まる。

こんな人にオススメ
・みんなでワイワイ盛り上がりたい人
・運試しをしたい人
・簡単なトランプゲームで遊びたい人





戦争のいろいろなルール

以下に戦争のいろいろなルールを紹介します。
(オリジナルのルールを含む場合もあります。)

「手札に加えない」ルール
取ったカードを手札に加えないルール。最終的に取ったカードの多さで順位を決める。手札がよりはやくなくなるため、短時間でゲームを終わらせたい人にオススメ。

「手札を見ていい」ルール
手札を見て何を出すか決められるルール。心理戦を楽しみたい人にオススメ。

「ジョーカー最強」ルール
ジョーカーを最強カードとして含めるルール。ジョーカーを出したら無条件で取れる。
(他の人がジョーカーを出したら引き分けとなり、POIN4のようにジョーカーを出した決着をつける。)